読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nvAlt 2.2.122 で クォート記号が変換されてしまう問題 on OSX 10.11 El Capitan

Mac 上でのメモアプリケーションとして nvAlt を使っているのだが

brettterpstra.com

久々のバージョンアップがあって上がったと思ったら、クォート記号(シングルクォーテーション と ダブルクォーテーション)が勝手に変換されてしまうという現象に悩まされることになった。 どういうことかというと

このように入力すると

"hoge" 'hoge'

このようになってしまうのだ

“hoge” ‘hoge’

よく見ると、クォートが、所謂全角と呼ばれる幅の広いバージョンになってしまっている。

普通に文章を書く人ならあまり関係ないが自分はプログラムのコードをよく貼りつけて保存するので このような勝手な変換をやってもらうと困る。それにアポストロフィとしても使うのだからこの設定誰得?な設定である。

nvAlt の設定を眺めてもそんな変換を許可するような項目が無い。さてどうする。

実はこのバージョンの nvAlt から Mac本体側のあるユーザー設定項目を採用するようになっていて、その項目が kyeboardtext の設定にある。

f:id:zamad:20161013140019p:plain

この use smart quotes... というところにチェックが入っていると nvAlt 側でもそれに基づき変換がかかるということのようだ。 これは別のエディタでは起こらないのでアプリケーション側でこの設定を使うか否かは決めれるようだ。そして今回、nvAlt は「使う」という設定にしたということだった。

この設定をいじった覚えはないので、デフォルトでオンになっていると思われる。チェックを外せば元通り変換されなくなる。OK。

超ノート術 成果を10倍にするメモの書き方

超ノート術 成果を10倍にするメモの書き方

オキナ プロジェクト耐水メモ オレンジ PW2569

オキナ プロジェクト耐水メモ オレンジ PW2569

仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。

仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。